会長挨拶

ご挨拶(基本方針)

会長 木村吉男

京都西南ロータリークラブ 2019~20年度 会長 木村吉男

このたび、京都西南ロータリークラブ第47代会長にご指名をいただき、誠に光栄で責任の重大さを心新たに受け止めております。1996年12月3日に入会させて頂き22年と年数は重ねて参りましたが、ロータリアンとしてまだまだ未熟でございます。しかしながら我がクラブの発展を思い精一杯務めさせて頂きます。

マーク・ダニエルRI会長テーマは「ロータリーは世界をつなぐ」です。また佐竹力總ガバナーの地区スローガンは「伝統と革新 ロータリーは世界をつなぐ 世界はひとつ」です。共に「つながり」が大切と謳われています。
現代は無縁社会と言われていますが、地縁や血縁が無くなったわけではなく縁を作り、維持し、十分に育てていないのではないでしょうか。又、長寿社会の現代は競争より協調、効率よりもゆとりが、物の豊かさより心の豊かさが求められています。自分が「してもらう」のではなく「自分には何が出来るか」を考える時代です。

そうした社会・時代にあって、我々ロータリークラブは、ロータリアンは常に我が身を律しながら地域や社会への貢献の道を探っていかなければなりません。そうした中で私は何事につけても感謝の気持ちが必要であり、ありがたいと思えば歓喜が湧いてくる。歓喜があれば勇気も出てくる。人に報いようと頑張る気持ちにもなる。感謝がある人は心に豊かさがあり、喜びがあり、明るい。感謝がない人は、心は暗くいつも不平と不満が渦巻いている。
このように考え、会長テーマを「報恩感謝の心で豊かな人生を!」~共に生き共に繁栄を~と致します。

また、奉仕事業も我がクラブが力を注いでいるスポーツや芸術にはあらゆる差異を越えて、心を潤し豊かにして人々の心を結びつける力があります。会員全員が笑顔で、そして明るく楽しいロータリー活動を通して子供達や地域の向上と発展に貢献をしていきたいと考えておりますので、役員・理事方々のご協力並びに会員皆様のご支援ご指導の程よろしくお願い申し上げます。

Facebook

京都西南ロータリークラブ公式Facebookページ

関連リンク

国際ロータリー
ページ上部へ戻る

Copyright ©  京都西南ロータリークラブ