会長挨拶

ご挨拶(基本方針)

President

京都西南ロータリークラブ 2022~23年度 会長 佐藤 正行

伝統ある京都西南ロータリークラブ第50代会長にご指名頂いたこと、会員の皆様に御礼申し上げます。また創立50年という大きな節目の会長をお受けすること、光栄であると同時にその責任の重大さに身の引き締まる思いでございます。

今年度の国際ロータリー ジェニファー・ジョーンズ会長はRI初の女性会長であり、ロータリー全体にとって大きな転換期であるといえます。会長テーマ「イマジン ロータリー」を掲げられ、イマジンに向かうための目的意識と熱意が重要であり、参加型の奉仕・人間的成長・リーダーシップ開発・生涯にわたる友情がこれらを生み出すと呼びかけられています。また多様性・公平・包摂性へのロータリーの価値観の転換も呼びかけられています。

第2650地区 尾賀ガバナーは「感動、感激、そして感謝」を地区スローガンに掲げられ、コロナ禍で沈滞しかけているクラブの活力と輝きを取り戻し、一気に活性化を図ることを望まれています。活性化を図るための中核的価値観は「親睦・高潔性・多様性・奉仕・リーダーシップ」であり、ロータリー運動の原点に帰りましょうと呼びかけられています。

京都西南ロータリークラブは50年という年月の間、多くの先輩会員が奉仕の理想のもと友情を深めながらロータリー活動を実践され今日を迎えています。その先輩会員の友情とロータリー精神の積み重ねがまさに今の西南ロータリーであります。そのロータリー活動の積み重ねを受け止め、感謝し、そして新たな50年に伝承していくことが当事業年度の役割であると考えます。また多くの西南ロータリアンのうち50年の節目に立ち会うことができるのは現在の会員だけであるため、創立50周年記念事業を大いに楽しむことも大切です。

0年の西南のロータリー活動の伝承、それは今の会員が50年の西南ロータリーの当事者であることを自覚し、「今この瞬間のロータリー活動とロータリーライフを満喫すること」であると考えました。本年度のクラブテーマを「Fully Enjoy And Departure」 ~50年の西南を広めていこう!~ とさせていただきます。

「fully enjoy」は満喫、「departure」は出発です。西南50年のロータリー活動を感じながら創立50周年記念事業や親睦活動を“満喫“することにより同志ロータリアンの友情を深め、互いにロータリー精神を高めていきましょう。”出発“とは大きく又具体的に変化して再出発するということではなく、創立50周年事業を始めとしたロータリー活動とロータリーライフを満喫した証として西南ロータリーに産み出されるもの、この新たなものを含めて50年の西南を次の50年に伝承していきたいのです。そして~50年の西南を広めていこう~とは、「奉仕事業を通じて地域や社会に西南を広めていくこと、西南を会員50名超のクラブにしていくこと、会員がロータリーライフを満喫することにより友情を多くの人と共有すること」です。

ロータリー精神のなかに「善意・寛容・理解・奉仕」が含まれていると認識しています。これら日常では手に入れられない素晴らしいものが身体に沁みついていくことがロータリー活動の最大の恩恵であると感じています。

 2022~2023クラブ方針

  1. 西南ロータリーの活動を豊かなロータリーライフとする機会にしましょう
  2. 創立50周年記念事業を通じてロータリーの友情を深めていきましょう
  3. 規律ある例会を実施し、ロータリー精神を高めあう機会としましょう
  4. 西南ロータリーを50名超のクラブにしていきましょう
  5. ロータリー活動と各自のロータリーライフを満喫しましょう

創立50周年記念奉仕事業は、従来から継続されている事業を拡大して4事業、50周年からスタートする新たな国際奉仕事業を1事業、国際的な友情を深めていく事業を1事業予定しています。また組織運営及び予算執行は通常年度のクラブ運営で行うのではなく、創立50周年記念事業実行委員会及びその特別会計で運営していきます。

~創立50周年記念奉仕事業~

  1. ネパール栄養士育成事業(国際奉仕)
  2. 嵐山こども相撲大会(青少年奉仕・社会奉仕)
  3. 現代アートにふれる(青少年奉仕)
  4. 京都西南ロータリークラブアワード(青少年奉仕)
  5. 鳴滝支援学校に資するための事業(青少年奉仕)
  6. 台湾三重ロータリークラブとの姉妹クラブ締結

創立50周年という節目の年度、会員全員の友情を結集して各事業を良いものにしていきたい、そして「感動、感激、そして感謝」を実感し、「楽しかった!」「西南で良かった!」「ロータリーは最高!」と感じていただければ幸いです。私自身も成長の機会と感じ全力を尽くす所存です。しかしながら若輩者でございます、全会員の寛容なご理解と多大なるご指導、ご鞭撻をいただきますよう、そして一年間どうぞ宜しくお願い申し上げます。

Facebook

京都西南ロータリークラブ公式Facebookページ

関連リンク

国際ロータリー
ページ上部へ戻る

Copyright ©  京都西南ロータリークラブ